バウ リニューアル

 

覚えていますか、結婚という形で愛を誓った、あの時。

バウ リニューアル (Vow Renewal) は、結婚している夫婦が、改めて愛を誓い合うセレモニーです。欧米では昔から広く行なわれている伝統的な習慣ですが、芸能人の吉川ひなのさんがハワイのチャペルで行ったことで、日本でも話題になりました。

スウィート10の錫婚式や、銀婚式、金婚式として祝うように、結婚の記念日に合わせて計画したり、相手にサプライズで行うこともあります。

結婚式のようにお披露目的な要素は少ないので、思いっきりふたりらしいセレモニーにできます。キリスト教式なら牧師の話を聞き、愛を誓う言葉を述べ合い、誓約書にサインをするというのが一般的な流れです。二人のオリジナルの誓いをすることも可能です。

【何のために?】
再度、愛を誓い合うセレモニーがなぜ人気か。

やはり一番のメリットは、結婚当時の気持ちを再確認できることです。“あの時の気持ち”を思い出し、再び新鮮な気持ちを取り戻すことで、より深い絆を持つことができます。普段は照れて言いにくい感謝の気持ちを伝えるチャンスでもあります。もしも子供がいたら、子供と一緒にセレモニーをして家族の楽しい思い出となるでしょう。慌ただしい毎日を過ごされている夫婦には贅沢で特別なひとときです。

【いつ?】
1周年、3周年、5周年などの節目を迎えた夫婦が記念に行ったり、子供が生まれて少し落ち着いた頃、結婚当時に結婚式をしていない夫婦がそのタイミングを見つけた時、離婚や家庭崩壊の危機を乗りこえた夫婦が行うこともあります。バウ リニューアルは一度だけでなく、人生で何度でも行えます。

【どこで?】
結婚式場やホテル、教会やチャペル、ビーチなどが人気ですが、ハワイ島では、ヘリコプターでしか行けない秘境、クルージングの船上、B&Bなど、ユニークなアイディアが膨らみます。

【どのように?】
しっかりとしたセレモニーで愛を誓い合うカップルもいれば、写真を残すフォトウェディングのようなスタイル、ホームパーティ的なカジュアルな形を選ぶふたりもいます。装いも、ウェディングドレスとスーツのフォーマルでもいいですし、セミフォーマルやカジュアルもOK。スタイルはあくまでも自由です。

【参加者は?】
ふたりだけでセレモニーをしたり、親や子供や親戚に参加してもらったり、仲の良い友人たちと楽しむこともできます。

【何をする?】
バウ リニューアルの式に合わせて色々なことができます!ふたりだけのプライベート・ディナーを楽しんだり、子供を交えた食事会で特注デコレーション・ケーキや風船の飾りでお祝いしたり、サプライズのギフトを用意したり、バウ リニューアルのセレモニー自体を相手へのサプライズで計画したり、カメラマンとフォトツアーにでかけたり、ファミリー・ポートレート写真や、ふたりの記念撮影をしたり・・・

【伝統】
オリジナリティやユニークさを表現しやすいバウ リニューアルですが、バウリニューアルならではのしきたりもあります。キリスト教式のウェディングの時の誓いの言葉は”I Do” ですが、バウ リニューアルの時は”I Still Do”となり、定番の”Just Married”も、”Just Married Again”となります。

交わす誓いの言葉は自分たちのオリジナルの形でもいいです。愛を誓うと同時にメッセージを伝え合ってもいいです。“ふたりらしい”場所やスタイルで、セレモニーを楽しむことが大切です。

vow renewal fletch

【MELIA – HAWAI`I のバウ リニューアル】
ウェディング のページや、ロケーションのページも参考にしてください。

PHOTO CREDIT
Fletch Photography